誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ランボルギーニ|ウラカン ベルフォルマンテ 新世代カーボン素材 

ニュース

ランボルギーニ|ウラカン ベルフォルマンテ 新世代カーボン素材 
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

みんなのツイートまとめ


私はランボルギーニのような高級車には全然詳しくないのですが、興味は深々です( *´艸`)♥


みんなのツイートや記事、そして写真を見ているだけでちょっとワクワクしてきますよ~♪

ガーボン素材にもいろいろある

 先日、イタリアはサンターガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ本社を訪ねた。彼らの工場を見学するのはおよそ3年ぶり。ただし、今回は以前見ることのできなかったカーボンコンポジット部門をじっくり取材できたのが大きな収穫だった。

 近年、スーパースポーツカーにも徐々に採用するようになってきたカーボンコンポジットだが、ほとんどのブランドは外部のサプライヤーに生産を委託しており、ランボルギーニほどカーボンコンポジットの自社生産にこだわっているスポーツカーメーカーはないといっていい。なにしろ、アヴェンタドールに用いられるカーボンモノコックをそっくり自社で作っているくらいなのだから、その本気度がうかがい知れる。


「ランボルギーニが最初にカーボンコンポジット素材を採り入れたのは1987年のことです」。ランボルギーニでアドバンスト・コンポジット部門のチーフを務めるルチアーノ・デ・オト氏はそう語った。「しかしそれは、カウンタックのプロトタイプに用いられたもので、残念ながら量産することはありませんでした。積極的に採用をはじめたのは2010年にデビューしたガヤルド LP570-4 スーパーレッジェーラからで、アウターパネルにカーボンコンポジット素材を用いるようになりました」。

 もっとも、カーボンコンポジットとひとことにいっても、そのなかにはF1マシンのモノコックなどに用いられるオートクレーブ成形にはじまり、RTM(樹脂注入成形)、PCM(高速プレス成形)、CSMC(コンポジット・シート成形)など様々な製法がある。このなかでもっとも軽量かつ高剛性なのがオートクレーブ成形で、それだけに生産には長い時間を要し、コストも高い。

 これに続く剛性を有するのがRTMで、アヴェンタドールのカーボンモノコックも大半はこの製法を用いている。PCMやCSMCはRTMよりもさらに成形性に優れ、コストの低減に役立つとされるが、オートクレーブ成形やRTMに比べて剛性は高くなく、モノコックのように高強度が求められる部品には使えないとされる。実は、カーボンコンポジットの強度と成形性は相反する関係にある。

出典 http://www.sankei.com


↑なんだかこの記事がめちゃくちゃ詳しく解説されているんですけど!

なるほど・・・( ゚Д゚)




5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ